スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会報№20 ジョーからの手紙 

エアメール風なデザインでしたので、こんなタイトルにしてみました^^


No.20


もう20なんだね・・・
先月更新料を納めましたけど、ファンクラブが立ち上がって4年。
最初に行ったコンサートはまだジュニア情報局で申し込みしたんだった!(懐かしい~)
ジュニア情報局って、入会時にハガキを24枚だっけ?送るんだよね(笑)
そのシステムに面食らった思い出が^^


そんなこと懐かしがってたら、No.1の会報を見たくなって4年ぶりに見ちゃいました。
山下智久です」から始まる、愛おしい手書きのメッセージ。もちろん縦書き
もはや縦書き以外はニセモノじゃないかと疑ってしまうわ(笑)


みなさんがいるから僕がいると思います。好きな場所は海。
そして最後にまた「山下智久」と。


知ってます(笑)最初に書いてましたから。念押しありがとう。
紛れもなくあなたは私たちの大好きな山下智久クンです


 


あらら・・・
今日はNo.20のお話でした(前置き長すぎ!)


表紙と巻頭の写真は「さくらガール」の衣装で。
白地に花柄のアロハ風はMステ2度目の時よね?


クランクイン前のインタビュー
そこには彼のこの「あしたのジョー」という作品に立ち向かう覚悟と決意のようなものが見えました。


トレーニングはキツイと。
$誌の記事にも「みんながオレのトレーニングしてること見たら引くと思う」みたなこと書いてありましたね。
ふだんキツイって言わない人だから、やっぱり引いちゃうくらいハードなトレーニングだったんでしょう・・・。


ごく自然にボクサーに見える身体にすることですね


その「ごく自然」っていうのがいちばん大変そうだけど、キッチリやってのける芯の強さとプロ意識はさすがですね~^^
男前っ


 


そしてこの原作に根強いファンがいて、賛否が巻き起こることも覚悟の上
僕が断ってこの話を他の人にやられるくらいだったら、自分がやってプレッシャーを感じる方がいい」と。


いったい世の中に、どれくらいの人がこんなことばを言えるだろう・・


きっと断る選択肢もあったということなのかな。
でもそれは大人サイドのことで、彼の中には「断る」という選択肢はなかったのかもしれない。
負けるわけにはいかないし、逃げるなんて毛頭考えられない・・・男として、あるいは役者として。


ハードなトレーニングと、ハードなプレッシャーにも勝る、ハードで熱いココロを持つ我らが山下智久クンの「あしたのジョー」・・・


きっとその想いは届くから。


 


みなさんがいるから僕がいると思います。好きな場所は海。
会報No.1のメッセージに書いてくれたように、今度は私たちから・・


「あなたがいるから私たちがいると思います。好きな場所は山下智久」


智クンが導くところがわたしの好きな場所。


 


 


続きは拍手レスです(5/14分)

拍手ありがとうございます。


2010.05.14 09:06 Tさんへ


ありがとう
智クンのことばっていつも優しさに溢れていますね。
ただそのことばに触れるだけで幸せな気持ちになれる・・
やっぱり大好き^^

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。