グラビア物語~私を魅せたグラビアたち~FILE 04 

グラビア物語 FILE 04は2010年から


FILE04.jpg

グラビア物語~私を魅せたグラビアたち~
FILE 04 「Hanako 2010年8/12号」

私の中の2010年ベストグラビアです。

25歳
そこはかとなく漂う色気
セクシーですよね。

肌の露出がなくてもセクシーだと感じることもあれば、ヌードでも何も感じないこともある。
服を着ていようが、一糸纏わぬ姿であろうが、セクシーさって内面からあふれ出てくるもので、
表情や仕草から漂ってきちゃうものだから・・

この山下智久クンは程よい露出で(笑)
顎に手を当てたポーズに誘うような目が艶めかしさを添えています。

「あのさ」って一言でいい。
唯それだけでこの瞳からはもう目を逸らせなくなる。

僅かに開いた唇
首筋の陰影
美しい筋肉

このHanakoを手にした当時、
ミステリアスでどこか秘密の匂いさえしそうな表情にだいぶもっていかれました。


このグラビアは「One in na million」のプロモーションで撮影したもので、曲への想いを
「夏はもっと音を楽しみたいというか、歌詞を味わうよりも音楽に包まれて楽しくなる。そういう曲がいい。」と。

音楽に包まれて楽しくなるって表現がいい。
智クンの言葉選びのセンスが好き。

雑誌は素敵なグラビアとの出会いももちろんだけれど、テキストから光るワードを見つけるのも大きな楽しみの一つ。

ワンミリはほんとに音を楽しめる曲ですよね。
テレビでのパフォーマンスも全部カッコよくて・・・

100万人なんてものじゃない。世界中から見つけ出したただ一人の人です。


グラビアのタイトルは「SEA OF LOVE 深海よりディープに、恋」

深海よりディープにどこまでもどこまでも深く堕ちていった
私のグラビア物語FILE 04でした


←押してくれるとウレシイ


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment