幸せの定義 

Sound Tripper! 2017.1.26 (第454回)

綾野剛くんお誕生日おめでとうございます。

綾野くんといえば、クロスペでの剛・智久のほんわかとした優しいトークが思い出されますが
最近は会えてないとのこと
メールで連絡取り合ってるって、31歳と35歳男子のメール想像つかないわ(笑)
でもクロスペ以来、綾野くんのこと勝手に親近感もってますので、いい関係が続いてるの嬉しいな^^

綾野くんは「すごく哲学を持ってる人」
智クンは「うんうんと聞いてる人」
メールの想像はつかないけれど、この構図は想像できます。

ずっと山下智久という人を見てきて、うんうんって聞いてる人だというのはわかるけれど
それは哲学がないのではなく、心に秘めているのだということもわかっているつもり。

人は天気に左右されるっていう可愛い哲学も持ってるしね^^

「幸せって何だっけ」
気付いちゃいましたか。

「俺は自分のやりたいものをやってるし、選んできたんだよね道としては。だからすごい幸せなんだと思う。」
かといって、わがままだけで通してきたわけじゃいよね。
覚悟決めて、リスク背負って選び取ってきたものだから、智クンの選択はいつも尊いし、故に幸福感も得られるのだと思う。

「自分心に嘘をつきたくない。正直でいたい」
「理不尽なこともたくさんあるし、不条理なこともあるけど、自分の気持ちに正直でいることが俺の幸せなんだなと」

正直でいるとしんどいときもあります。経験上・・
ときには自分の心に嘘ついちゃった方が楽だったりしますよね。
そういう理不尽さとか、不条理から身を守るためには。

それでも自分の心に正直でいようとする智クンは、理不尽さも不条理も飲み込んでいける強さ(竹のような人だからね)も持っているんでしょう。
自分に嘘をつかずに生き続けることはとても難しいからこそ、あえてあなたには自分の心に正直であり続けてほしい。
その手で掴んだ幸せを感じ続けてほしい。
理不尽さも不条理も跳ね返すくらいに。

あなたがやりたいことの先に私の幸せもあるんだ。きっと。


あんなに熱く語っておきながら・・

img053.jpg
幸せを感じるときが
お天気の良い日に本とか読みながら日向ぼっこって
可愛い人よ♡

←押してくれるとウレシイ

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment