Nocturne 

Nocturne

何故今『Nocturne』かといいますと、ある音楽好きな方が『Nocturne』について
「高音が歌でなく音として現れる」とtweetしていたのを見て、これだと。

智クンに関してファン以外の方のtweetを見かけてもそれに対してリプライすることはほとんどないのですが、
『Nocturne』は一時中毒になるくらい聴いてましたので、つい反応してしまいました。

唯一無二の音を出す楽器を演じられるのがアーティスト兼俳優の一種の強みだというリプを返していただきましたが、なるほど!と目から鱗でしたよ。
私も以前に、アコースティックな曲を歌ってる智クンの声を楽器の一部のようだとtweetしたことがあるのですが、アーティスト兼俳優であることで、「楽器を演じ」られるのだと。

たしかに、智クンの声って変幻自在だと思うの。
アルバム『YOU』に関しては、曲ごとに歌い方を変えたと言ってましたが、歌い方を変えても本来声の質って変わらないはずなのに、声そのものが曲ごとに色彩を持っています。
そこがアーティスト兼俳優ならではなのかも。

『Nocturne』は智クンの声の魅力を最大限に活かした曲だと思います。
セクシーな低音と、高音の極上ファルセットには、どの一音にも裏切られることがありません。

「高音が歌でなく音として現れる」という表現をより一層体感するなら、是非ヘッドフォンかイヤフォンで。
ちょっといいイヤフォンで聴くと全然違いますよ^^

艶やかな声、甘い声、セクシーな声、ウイスパーな声、ロックな声・・
早く世界中が山下智久クンの声について語り始める日がきて欲しい。
そろそろみんな気づいてほしいよね。智クンの声の魅力に

その美しい容姿以上にあるいは最高の武器といってもいいくらい、その魅力は計り知れない可能性を秘めているのだから。

NowPlaying Nocturne

←押してくれるとウレシイ

スポンサーサイト

1 Comments

ヴェネツィア 油絵  

ヴェネツィア 油絵

山下智久クンを応援しています。

2016/10/19 (Wed) 12:48 | REPLY |   

Leave a comment