スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマグランプリ史上初2冠 

山下智久クン 日刊スポーツドラマグランプリ史上初の2冠達成おめでとう!

「アルジャーノンに花束を」で主演男優賞
「5→9 ~私に恋したお坊さん~」で助演男優賞
Wでの受賞はドラマグランプリ史上初の快挙

誰も成し遂げられなかったW受賞に初めて名前を刻んだ男 山下智久
去年は撮影に明け暮れた一年でしたから、
俳優業に打ち込んだ年に出演した作品での受賞はほんとにうれしいでしょうね。

白鳥咲人も星川高嶺も難役だったと思いますが、智クンが息吹を吹き込んで、魅力溢れるキャラクターになりました。
このドラマたちに出会えて本当によかった。心からそう言える作品です。
咲ちゃんも高嶺さまも喜んでるかな^^

トロフィーを二つ、両手に持った日刊スポーツの写真がとっても可愛かったぁ♡
10年前の野ブタで主演男優賞を取ったときのカッコいい智クンの写真と比べても、
時間の進み方が智クンだけおかしくない?って思うくらいキュートな31歳♡

10年前の野ブタから何が変わったかという、日刊スポーツのインタビューに
「1つの役に対し、設定をたくさん考えられるようになりました。」と。

経験の積み重ねだという智クン。
一つひとつの経験が今に繋がってるんだよね。
無駄なことは一つもない・・・すべての道は今の智クンへと繋がってるんだって感じました。
「三歩進んで二歩下がる」ですね^^

「骨折が治ると骨が強くなるっていうじゃないですか。」
けがも覚悟で体当たりしていくという智クン、大丈夫!リハビリには私たちがついてるよ~
おもいっきり体当たりして、また素敵なキャラクターを演じてね。

久しぶりに咲人と高嶺に会いたくなりました。

日記更新ありがとう
あなたなら行ける
ずーっと遠くのまだ見たことのない景色を見に行こう
どこまでも

←押してくれるとウレシイ

素敵な会報届きましたね♡
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。