スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWD JAPAN ロエベを纏う山下智久 

高揚を覚えるグラビアとの出会いは間違いなくヲタ生活を支える幸福の一つ。
そんな雑誌のレビューをするのもまた然りであります。

WWD JAPAN 2015春号

世界NO.1のファッション雑誌「WWD NY」の日本版というこの雑誌、
ファッションのプロたちのための雑誌と言ってもいいのでしょうね。

そんな雑誌の表紙を飾るなんて!
きりっとした目で前を見据え隙のない表情の表紙の智・・
ページをめくる指が震えそうになりました。

2015年春夏スタイリングバトル
ロエベを纏う山下智久

ハイブランドに身を包んだグラビアは服だけではなく、ポーズ、表情、どれを取っても見るものを惹きつける一級品ばかり。
見ているだけでラグジュアリーな気分に浸れます。

服を身に纏った智はまるでプロのモデルのように「モデル」に徹している。
主役は服なのだと分かっているように。
そしてそのとおり、均整の取れたスタイルはロエベの服たちを魅力的に表現してしていますよね。

69頁
スキーニットで腕を交差させ顔の横で3本の指を立てる智のかるく閉じられた唇がとてもセクシー

70頁
ストライプシャツでまるで踊るように腰をひねり、
顔を横に逸らせたグラビアの綺麗な首筋から肩にの伸びるラインの美しさといえば・・

71頁
アシメトリックシャツにフィッシャーマンデニムで全身を写したグラビア。
顎を上げて上から見下ろす挑戦的な瞳がクールでゾクっとします。

73頁
パッチTシャツでまるで青いブランケットをくぐり抜けようとしているようなグラビア
伏し目で視線を外して・・前の頁から急にこんな表情をされると動揺してしまいそう。

74頁
ボンバージャケットと書いていますが、皮ジャンの方がピンときます。
着慣れた皮ジャンのポケットに両手を入れて強い瞳で射ぬかれてしまう。

75頁
マルチカラーストライプセーターに背中にはバッグを。
床に片膝と指をつき、顔を肩のラインに向け、視線はさらにその向こうへと・・
何かしら決意を秘めているようなこの表情が開いた瞬間から私を捉えて離さない。

まもなく30歳を迎える山下智久の等身大のグラビア
背伸びすることもなく、媚びることもない。
そのままで美しく、そのままで服と同化する素敵なグラビアたちでした。

TEXT
ロエベに袖を通して「最高の着心地」と
ブランドとしては最高の褒め言葉じゃないかしら。
服は身に纏うものである限り、デザインよりも先に着心地がいいことが何より大切でしょ?

お母さんにバッグをプレゼントしたことがあるのね。
公式サイトを見ましたが・・さすがのお値段です。さすがは智久です^^

「30代はディティールにこだわり、中身のある大人になりたい。」
「カッコいい40代を目指して30代を生きる。その道でファッションアイコンを目指します。」

楽しみですね。30代の智が。
がむしゃらに突き進んできた20代のあなたも好きでした。
ディティールに拘りたいという30代で智が見せてくれるものは何だろう・・
初めて見る世界へと連れて行ってくれそうな智が楽しみで仕方ないよ。

次のステップへ進み始めた2015年春はもう動きだしてる

←押してくれるとウレシイ

日記ありがとう♡
スタイリッシュなマガジン チェックしたよ~
カッコよくてしびれました♡

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。