スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぴあ・オリスタ ライブリーポート 

大阪城ホールの当選のお知らせをコメントでいただいて、バードも嬉しく思っています。
おとなしく(行きたくて暴れたいけど)お留守番してますから(笑)智クンの素敵具合を教えてねっ


 


TVぴあ ・ オリスタ ・ GyaO Magazine


ライブリポート掲載雑誌が続々と出てますが、GyaOはまだ見れてないので・・
TVぴあオリスタを。


 


TVぴあ


2ページながら、たくさんのショットでしっかりポイントを抑えてきました。


記事のタイトルは「Crush On You
私達を夢中にさせた山下智久クンのライブってことかしら。


もちろん智クンに夢中になりましたけど


 


写真を見てて気づくというのもあるのね。
衣装の質感とか(笑)←見るポイントそこ?
ええ。とっても気になるんです。そういうとこが。


ゴメジュリでセンターステージに登場した智クンはまさに王子
白いロングコートを羽織って。襟にはファーがあしらってましたが、写真で見ると全身ファーで作られてたのね。


ステージを構成してる色が基本は4色。白・黒・赤にレーザーの青・・・
衣装も白、黒、赤のみだし、私たちへのお願いも赤いペンライト
会場にいたときには気づいてなかったけれど、写真になるとオーディエンスもセットの一部になってたのかも。



智クンが魅せて、私たちが魅了されるコンサートだったけれど、赤いペンライトを持つことによって完全になるステージ。
みんなで作りたかったのかなぁ。ちょっとカンゲキ


 


斗真との抱擁のカットは、斗真が智クンに飛びついちゃってるのね^^
なにせスタンド席でしたので、ただハグし合ってるようにしか見えなかったのよ。


「イクピー」じゃなく「山斗」って書いてくれたのが嬉しい!


「ニット帽」「ハット」のカットも入れてくれてるし、2時間のライブを思い出させる充実の2ページでした!


 


オリスタ


Book in Book


こちらはしっかり大きめのカットで8ページ!


1ページ目の勇ましい?(笑)ポーズは「抱いてセニョリータ」を歌ってるときの智クンね。
「ジャジャジャジャーン」とイントロが流れたときの歓声はほんとにすごかった!


やっぱり山下智久といえばセニョなんだね。
私3回入りましたけど・・・歌詞、毎回間違えてた(笑)
お客さんのヒートアップに智クンも舞い上がったのかも



この赤いスパンコールのジャケットにパンツもスパンコールってどうなのよ
いいよいいよ。全体的に衣装はシックだったから、このときばかりは全身スパンコールでいきたかったのよねっ。


 


2~3ページ



この大きなミラーボールからの王子降臨には鳥肌が立ちました。
レーザーが会場を駆け巡り、惑星のようなミラーボールがいくつも現れて・・・宇宙、いえそれよりももっと幻想的な空間を作り出してました。


サングラスにハードなレザージャケットは「ME
ロボットみたいな動きで、ダンサーにジャケットを羽織らせてもらって、ダンスがとてもクール


 


4~5ページ


わーお 狙って撮ったかのようなおへそ
ライブを観ていた記者のリポートがよかった。


踊ることを楽しみながら、動きには抑揚があり、セクシーというよりはどちらかというと、ストイックなニュアンスが気持ちをそそる。
派手さはないが、指先やちょっとした顔の角度まで神経が行き届いてて繊細だ


智クンが読んだら嬉しがるかも。
腕を上げる角度も「10時・11時」と時計の針の高さで決めて練習したんだとか・・。
その繊細な動きをわかってもらえてよかった^^


某Aお姉さまには本物志向より、セクシー路線のほうがご希望のようですが(笑)

(Aお姉さま、ブログ復活されましたよ!)



 


アンコールでスクリーンには過去の映像が映し出されたが、アイドル的な要素を強調したのは、そのときだけ。
あとは踊りと歌に徹していた。


アイドルでも、アーティストでもパフォーマーでもない孤高の”スター”は輝きの後ろにに切ない影を背負ってした。
光が繊細であればあるほど、それを見る側は「ずっと見つめていたい」と願う。まるで星に願いをかけているかのような2時間だった



智クンのやりたいことが全部詰まったステージ・・・
あるいは今まで、やりたくてもやれないジレンマをずっと抱えていたのかもしれない。
ソロでしかできないこと。本当の自分。
何かから開放されたかのような山下智久の世界感。


 


孤高のスターの輝きの後ろには切ない影」と表現した記者のことばに、これまでの彼の歩いてきた道が重なって、グッときました。


この智クンの世界感を誰にも遮ってほしくないです。これからは。。



(もちろんNEWSでのわちゃわちゃ感も楽しいし、否定してるわけじゃないので・・違う次元の話ですから誤解なきよう


 


6~7ページ


MCレポ!
こちらはどうぞ書店で確認してください(笑)楽しいよ^^


そして斗真との楽しそうな「欲望のレイン」のカット
ずっとカッコよくキメてたライブで、この満面の笑顔!


ホッとして、嬉しさが溢れ出した瞬間ね
最高に楽しい二人の「欲望のレイン」でした!


 


8ページ


ツアーTシャツで「青春アミーゴ」を歌う智クン!
この1公演目のアンコールでは私のすぐ1m前まで来てくれて・・・思い出すと泣きそう。


これからもいろいろ、みんなのためにがんばっていきます。
一緒に成長していきたいんで、よろしくお願いします!


ええ、もちろんよ
年齢的にはもう十分に成長してるだろ!って自分に突っ込みたくなるバードですが
まだまだ中身が未熟ですから(笑)智クンと一緒に成長していきたいわ~。


最後のアミーゴを歌う智クンのお顔は、2時間やり遂げた満足感と充実感で、とても柔らかくやさしい表情でした。


 


TVぴあオリスタの渾身のリポートを、バードが渾身で??リポートしました(笑)


 


*のちほどコメレスいたしますので少しお待ちくださいね。(完了しました。)


 


続きは拍手レスです。(12/5分)


 

拍手ありがとうございます。


 


2009.12.05 19:51 だいママさん


だいママさんも大阪お留守番なんですね。
気持ちは飛んででも行きたいくらいですが、どうにもならないこともありますからね


だからこそ、やっぱりDVDには残してほしいよね
行った人には思い出のDVDになるし、行けなかった人には智クンの本気のダンスを是非観てほしい。


あんなに素敵だったものね^^
ファミリークラブに熱い想いを届けましょう!

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。