スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ViVi  & Ray 

久しぶりに雑誌をレビューしちゃいます。
ViViRay

ViVi P’S その2 「ラーメン」
連載2回目・・1頁になっちゃいました。

テーマがラーメン(笑)
ついこの前ジェネ天のテーマでもあっただけになんというタイムリー!
まさしく「ラーメンつけ麺 僕イケメン」なグラビア&テキストでした。

4カットの写真は
①麺をすする
②手の甲で唇を拭う
③お箸をチュッとする
④スープを飲む

麺をすするとスープを飲む以外の2つはもちろんサービスショットでしょ~
ラーメン屋さんでこんな色っぽいお顔されても困りますぅ 

ラーメンの前にスタジオでお弁当も食べたと^^
仕事の移動中でもマネージャーさんに頼んでラーメン屋さんに寄ってもらうことがあるという智クン。
それでもドラマの撮影中は控えていたと(って、勝浦タンタンメンは食べてたよね(笑))

「ラーメンは立派な食事。ちゃんとラーメンを味わいたいから飲んだあとにラーメンを食べに行くってことはないですね。」
こだわるね^^
これだけ好きって言ってるんだもの。智クンなりのゆずれないポリシーだよね~。

7年後の東京オリンピックのころには日本食といえば「テンプラ、スシ、ラーメン」になっていてもおかしくないと。
7年後そうなってるか・・楽しみだね^^


Ray 3頁

ニットを着て、暖炉に火を入れて冬ごもり・・そんな温かくやさしいグラビア。

大小5枚のグラビアが妄想してくださいといわんばかりのシチュエーションカット。
きっときっとみなさんの頭の中でもストーリーが動きだしたことでしょう(ニヤリ)

静かな二人の夜のために部屋を暖めてくれたのに、本を読みながら眠ってしまうなんて・・
起こしたくてもそんな綺麗な寝顔見てたら起こせないよ・・って、つぶやいてみる。

なんて贅沢な冬ごもり。智とならずっと籠っていたいよ。。

さ、テキストいこうか(笑)

「冬の夜はソファーに座って映画を見てることが多いかな」
女の子と2人で観るなら・・「ホラーかコメディ」
よかったラブストじゃなくて(汗)

冬が苦手な智クン「2週間くらいこもって終ってくれるとちょうどいい感じ」って去年も言ってたよね^^
それ私も智クンに同感!冬は極力短くYOLO。

この冬は茶色の革ジャンを買ったとか
「やわらかいいい皮で、この冬これからどんどん自分になじませるのが楽しみ」
智の冬=皮ジャン なイメージあります。
智クン、コートがすごく似合うからたまにはコートも着てほしいなあ

ホールツアーについて・・
「俺のファンの人はロールキャベツ女子が多いな」
sweetieはロールキャベツなのね~おとなしそうに見えてライブが始まるとめっちゃハジけてくれると(笑)

これから俺がずっとやっていかなきゃいけないことが、ホールという会場の中に詰まってる・・そんな気がしてるんですよ

ホールのイメージを智が完全に変えてくれました。
小さい箱ではやれることが限られてるよね・・なんて思っていましたが、小さい箱にもまだまだ可能性があると智が教えてくれた。
ホールだからやれることもあるし、あの温かさってホールだから生まれてくる親密な空気が作り出したものなんだど感じています。

いろんな挑戦、経験をして1周まわってわかった。山下智久って人間はエンタテイメントの中にいる。それを忘れちゃいけないと。

すごいところに辿りついたんだね。
葛藤と格闘。
常に自分と闘ってきた男の辿りついた答えはとてもシンプルでいて、自分の存在理由を明確に悟った究極の答えでした。

グループの一員だったときは、メンバーと補いあえたけど、今は一人で成立させなきゃいけないんだよね

このホールツアーを見た人は誰もが思うよ。「山下智久、あなたは一人で完全に成立している」と。

もちろんダンサー・スタッフあってのツアーだけれど、
そこに見たのは一人の男がすべてをさらけ出して、ハダカで魅せる歌とダンスのエンタテイメントショーでした。

ステージに一人で立ってもエンタテイメントを贈れる存在でありたいと思います。

そのあなたという存在がわたしの存在理由。

まさにこのブログのサブタイトル
「山下智久クンへの想いを綴ること・・・それが私のレーゾンデートル(存在理由)」なのです。

Ray・・ココロに沁みる智クンのことばたちに久しぶりに胸震えるインタビューでした。
TANKS♡

←押してくれるとウレシイ

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。