スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2話終了 

2話が終わりました。


冒頭のナレーションは(1話の「医者になって最初に覚えたことは・・・」と同じように)ずっと藍沢せんせが言うのだとばかり・・・
毎回変わりそうですね。。


 


感想はまた改めて書きますが、2話を観て思うのは1st seasonを超えて、確実に面白くなってる!ってことかしら。

患者の設定はフツウがいい(笑)
怪我や病気が特殊であるのはいいんだけど、「ブラ男」みたいに患者のエピが斗出すると、そっちに気が反れてしまってストーリーに集中できなかったりしますが・・・


2nd seasonでは同時多発的に患者が発生しても、全くストーリーが散漫にならないし、返ってスピード感や臨場感は増すし・・・脚本のクオリティの高さを実感しました。


 


↑なんだかとても硬い感じになってますが
明日は柔らか~く、藍沢せんせの素敵シーンに触れたいと思います。


でもちょっとだけ。


術着でCSルームに向かうせんせめっちゃかっちょええ
基本、吐息のような、囁くようなトーンの藍沢せんせが、「藤川!!」と電話で声を張ったシーン。
ギャップ萌え


心に響くセリフもたくさんありましたので、それはまた明日。


 


 


メールが来なかったのって初めてかもしれないね。
少し。。(ほんとはいっぱい)寂しいけれど、こんなに頑張って撮影してるのに、OAはテレビで観れない。。。
それでも日記は書いてくれたのね。


ほんの束の間でも太陽を感じることができたと嬉しそうな日記。
顔を上げて、真冬の光を浴びてるあなたの、まぶしそうな姿を思い浮かべることができる。
それが私の昨日一番の幸せ。


だからメールのために、少しだけ外に出られた時間さえも奪われなくてよかった・・・。

スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。