スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝×ジョー イベント会見 

サカスで会見やったのね。
夕方のWSノーチェックでした~
毎日4本もWS録ってるのに、間が悪いというか(笑)
カッコよかったという智クン見たかったな・・

TVぴあさんのTwitterより

山下智久主演「あしたのジョー」×東芝dynabookのイベントへ! 黒いレザージャケットに黒ベスト、青いシャツ&黒ネクタイ、黒いパンツ姿で登場した山Pは、寒空のもと、曽利文彦監督と熱いトークを繰り広げてくれました。【チョコ】

山Pイベント2。撮影中、体脂肪率が5%だった山Pは「(体温が下がって)寒かった〜。ちゃんとごはん食べよぉ〜と思いました」とゆる〜くトーク(笑)。いまの体脂肪率を聞かれると「計ってないので分からないですけど・・・そんなにブクブクはしてないですね〜」とニコッ(笑)【チョコ】


仕事中にツイ覗くことはないから家に帰ってから愕然。(←やってる意味がないよね)
またひとつ来週からWSの予約が増えることになる(笑)次は抜かりなきよう。


シネマトゥデイの記事が泣かせます。

山下は本作に出演するにあたり、過酷なトレーニングを敢行し、撮影前に62キロだった体重は53.5キロまで落ち、体脂肪率も5パーセントになるほど。これまで経験したことのない減量に「基本は野菜とたんぱく質。おなかすきましたねー。食事のありがたみがわかりました」と振り返り、撮影終了後、約3か月ぶりに肉を食べた感想を「「肉の味、忘れていました。あっ、こんな食べ物あったっけって」と実にうれしそうにコメント。女性ファンに向けて「無理のないダイエットがいいと思います。ちゃんとたんぱく質を取ってください」とアドバイスした。

苦労のかいあって、山下はプロのボクサーも顔負けの肉体を獲得。
メガホンを取った曽利文彦監督は「どこから撮ってもOK。まるで彫刻が動いているようだった。スタッフ一同感動していたし、涙が出そうになったことも」と山下の肉体美と役者魂を絶賛。
曽利監督といえば、CGのスペシャリストとして知られるが「こういう時代だからこそ、全部本物でいきたかった。人間が持つ力を山下君に教えられた。男として尊敬しちゃいます」と手放しでたたえていた。
 (一部抜粋)

男性が泣きそうになるくらい山下ジョーの完成された肉体美。
あるいは想像にすぎないのかもしれないけれど、その過酷な経緯を知っていれば尚更、肉体が放つ気迫や美しさに感動するのかも。

あたしも男としてというより、人として尊敬しちゃいます。(男としては尊敬じゃなくて惚れてますから~


←押してくれるとウレシイ

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

ただいまー
おかえり~
うちに帰ってきてくれたみたいな錯角に^^ (きっと全国で同じ現象おきた?)
たったひと言で幸せにしてくれる智クンすきっ
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。